SINGLES

アルバム / ライブ盤 / サントラ等 / 編集盤・ベスト盤 / シングル
参加作品 /インタビュー / トリビュート / その他


I'm The Face / Zoot Suit

1964年07月03日発売 英チャートインせず
Credit: A) Meaden / B) Meaden
Produced by Chris Parmeinter and Pete Meaden
* High Numbers名義でのリリース。A面は「Got Love If You Want」(Slim Harpo)の改作。(画像は1980年リイシューのUS盤)

I Can't Explain / Bald Headed Woman

1965年01月15日発売 英08位
Credit: A) Townshend / B) Talmy
Produced by Shel Talmy
* A面のバッキングヴォーカルはIvy League、B面のギターはJimmy Pageが担当。(画像はSingles Boxに使用されたUS盤)

Anyway, Anyhow, Anywhere / Daddy Rolling Stone

1965年05月21日発売 英10位
Credit: A) Townshend, Daltrey / B) Martin
Produced by Shel Talmy
* A面はRogerが作詞に協力した共作。(画像はドイツ盤)

My Generation / Shout And Shimmy

1965年11月05日発売 英02位
Credit: A) Townshend / B) Brown
Produced by Shel Talmy
* A面の吃りについてはRoger本人は後に「スタジオが寒かったせい」と言っている。(画像はSingles Boxに使用されたドイツ盤)

Substitute / Instant Party

1966年03月04日発売 英05位
Credit: A) Townshend / B) Townshend
Produced by "A New Action production"
* Reaction移籍後初のシングル。B面は「Circles」と同じ曲。(画像はフランス盤)

A Legal Matter / Instant Party

1966年03月11日発売 英32位
Credit: A) Townshend / B) Townshend
Produced by Shel Talmy
* Brunswickからのリリース。B面は「Circles」と同じ曲だがReaction盤よりやや長め。(画像はドイツ盤)

Substitute / Waltz For A Pig

1966年03月15日発売 英05位

Credit: A) Townshend / B) Butcher
Produced by The Who
* B面はGraham Bond Organisationが「The Who Ochestra」として演奏。The Whoとは無関係。(画像はドイツ盤)

The Kids Are Alright / The Ox

1966年08月12日発売 英41位

Credit: A) Townshend / B) Townshend, Moon, Entwistle, Hopkins
Produced by Shel Talmy
* A面曲は英国盤LPと同様間奏の長いロング・バージョン。(画像はイタリア盤)

I'm A Boy / In The City

1966年08月26日発売 英02位
Credit: A) Townshend / B) Moon, Entwistle
Produced by Kit Lambert
* B面のレコーディングに参加したのはJohnとKeithのみで、RogerとPeteは不在。(画像はSingles Boxに使用されたドイツ盤)

(EP) Ready, Steady, Who !

1. Batman /2. Bucket "T" /3. Barbara Ann
4. Disguises /5.Circles
1966年11月11日発売 英チャートインせず
Credit: 1) Hefti / 2) Atfield, Christian, Torrance / 3) Fassert
Produced by Ready Steady Go
* TV番組「Ready Steady Go!」から取られたタイトルだが、内容は通常のスタジオレコーディング。(画像はUK盤)

La-La-La-Lies / The Good's Gone

1966年11月11日発売 英チャートインせず
Credit: A) Townshend / B) Townshend
Produced by Shel Talmy
* Brunswickからの最後のリリース。(画像はデンマーク盤)

Happy Jack / I've Been Away

1966年12月03日発売 英03位
Credit: A) Townshend / B) Entwistle
Produced by Kit Lambert
* A面の最後に入っているPeteの声「I saw ya !」はKeithに向けられた言葉。(画像は日本盤)

Pictures of Lily / Doctor, Doctor 英04位

1967年04月22日発売
Credit: A) Townshend / B) Entwistle
Produced by Kit Lambert
* この頃Keithが愛用していたドラムキットは「Pictures of Lily kit」と呼ばれた。(画像はSingles Boxに使用されたプロモ用フランス盤)

The Last Time / Under My Thumb

1967年06月30日発売
Credit: A) Jagger, Rechards / B) Jagger, Rechards
Produced by Kit Lambert
英44位
* 麻薬不法所持の疑いで逮捕されたMick JaggerとKeith Rechardsの為のチャリティ・シングル。(画像はフランス盤)

I Can See For Miles / Someone's Coming

1967年10月14日発売 英10位
Credit: A) Townshend / B) Entwistle
Produced by Kit Lambert
* A面は日本盤解説によると「恋のマジック・アイで、先の先まで、お前の浮気などお見通しだぞとスゴンでいる歌」。(画像は日本盤)

Dogs / Call Me Lightning

1968年06月15日発売 英25位
Credit: A) Townshend / B) Townshend
Produced by Kit Lambert
* B面は1964年には既にPeteによるデモが作られていた。(画像はUK盤)

Magic Bus / Dr. Jekyll & Mr. Hyde

1968年09月18日発売 英26位
Credit: A) Townshend / B) Entwistle
Produced by Kit Lambert
* A面をライブで演奏することについてPeteは「大好き」Johnは「退屈で大嫌い」と語っている。(画像はUK盤)

Pinball Wizard / Dogs Part II

1969年03月07日発売 英04位
Credit: A) Townshend / B) Moon, Towser, Jason
Produced by Kit Lambert
* B面のクレジットのうちTowserはPeteの、JasonはJohnの飼い犬。(画像はUS盤)

The Seeker / Here For More

1970年02月13日発売 英19位
Credit: A) Townshend / B) Daltrey
Produced by The Who
* A面は1999年に映画「American Beauty」の主題歌にもなった。(画像はUS盤)

Summertime Blues / Heaven And Hell

1970年07月10日発売 英38位
Credit: A) Cochran, Capehart / B) Entwistle
* 「LIVE AT LEEDS」収録と同じバージョン。A面は日本で一番売れたシングル。(画像はフランス盤)

See Me, Feel Me / Overture From Tommy

1970年10月10日発売 英チャートインせず
Credit: A) Townshend / B) Townshend
Produced by Kit Lambert
* A面は「TOMMY」収録より短いショート・バージョン。(画像はUS盤)

(EP) Tommy

1. Overture From Tommy /2. Christmas
3. I'm Free /4. See Me, Feel Me
1970年11月07日発売 英チャートインせず
Credit: 1) Townshend / 2) Townshend / 3) Townshend / 4) Townshend
Produced by Kit Lambert
* 当初は「TOMMY」の全曲をEPでリリースするという話だったが、これ1枚に。(画像はUK盤)

Won't Get Fooled Again / Don't Know Myself

1971年06月25日発売 英09位
Credit: A) Townshend / B) Townshend
Produced by Glyn Johns
* A面はシングル用のショート・バージョン。Mick Jaggerの自宅でレコーディングされた。(画像はUK盤)

Let's See Action / When I Was A Boy

1971年10月15日発売 英16位
Credit: A) Townshend / B) Entwistle
Produced by The Who, Glyn johns
* A面はPeteの1stソロアルバムにも「Nothing Is Everything」のタイトルで収録。(画像はフランス盤)

Join Together / Baby Don't You Do It

1972年06月17日発売 英09位
Credit: A) Townshend / B) Holland, Dozier, Holland
Produced by The Who, Glyn johns
* B面はMarvin Gayのカバーで、1971年12月13日のサンフランシスコ公演からのテイク。(画像はドイツ盤)

Relay / Waspman

1972年12月23日発売 英21位
Credit: A) Townshend / B) Moon
Produced by The Who, Glyn johns
* A面は2000年以降のツアーでも度々取り上げられている。(画像はベルギー盤)

5:15 / Water

1973年10月05日発売 英20位
Credit: A) Townshend / B) Townshend
Produced by The Who
* B面は「ODDS AND SODS」収録のバージョンより7秒短い。(画像はオランダ盤)

Squeeze Box / Success Story

1976年01月24日発売 英10位
Credit: A) Townshend / B) Entwistle
Produced by Glyn Johns
* A面のアコーディオンはPeteが担当。(画像はUSプロモ盤)

Substitute / I'm A Boy / Pictures Of Lily

1976年10月30日発売 英07位
Credit: 1) Townshend / 2) Townshend / 3) Townshend
Produced by The Who
* 編集盤「THE STORY OF THE WHO」発売と合わせたリリース。(画像はUK盤)

Who Are You / Had Enough

1978年07月14日発売 英18位
Credit: A) Townshend / B) Entwistle
Produced by Glyn Johns, Jon Astley
* A面はUK盤、US盤、イタリア盤、フランス盤でそれぞれ編集が異なる。(画像はUK盤)

Long Live Rock / I'm The Face / My Wife

1979年04月14日発売 英48位
Credit: 1) Townshend / 2) Meaden / 3) Entwistle
Produced by Pete Meaden And Chris Parmeinter (B-1)
* A面、B面-2はまだ発売前のサントラ「THE KIDS ARE ALRIGHT」からのカット。(画像はUK盤)

5:15 / I'm One

1979年09月発売 英チャートインせず
Credit: A) Townshend / B) Townshend
Produced by John Entwistle
* サントラ「QUADROPHENIA」からのカット。Johnがリミックスを担当。(画像はドイツ盤)

You Better You Bet / The Quiet One 英09位

1981年02月27日発売
Credit: A) Townshend / B) Entwistle
Produced by Bill Szymczyk
* Kenney加入後の最初のシングル。(画像はUS盤)

Don't Let Go The Coat / You

1981年05月01日発売 英47位
Credit: A) Townshend / B) Entwistle
Produced by Bill Szymczyk
* Bill Szymczykは過去にEagles等を手掛けてきたプロデューサー。(画像はUK盤)

Athena / A Man Is A Man

1982年09月25日発売 英40位
Credit: A) Townshend / B) Townshend
Produced by Glyn Johns
* A面は「Theresa」というタイトルでPeteの「SCOOP 3」にも収録。モデルは女優のTheresa Russel。(画像はUK盤)

Twist & Shout /I Can't Explain

1984年11月発売 英チャートインせず
Credit: A) Medley, Burns / B) Townshend
* 1982年の解散ツアーからのライブテイク。A面のリードヴォーカルはJohn。(画像はUK盤)

Join Together / I Can See For Miles / Behind Blue Eyes

1990年3月発売
Credit: 1) Townshend / 2) Townshend / 3)Townshend
Produced by Clive Franks, Bob Clearmoutain, Billy Nicholls
* 1989年の再結成ツアーからのライブテイク。12インチ、CDシングルには「Christmas」も収録。(画像はUK盤)

My Generation / Pinball Wizard [Live at Leeds] / Boris The Spider / My Generation [Deep Love Mix]

1996年発売
Credit: 1) Townshend / 2) Townshend / 3) Entwistle / 4) Townshend
Produced by Jon Astley
* ベスト盤「MY GENERATION - THE VERY BEST OF THE WHO」と同時にCDシングルとしてリリース。アナログ盤には「My Generation / Pinball Wizard [Live at Leeds]」のみ収録。(画像はUK盤)



SINGLES BOX, VOL. 1

2004年05月03日発売

1. I Can’t Explain / Bald Headed Woman (Talmy) [1965年 8位]
2. My Generation / Shout & Shimmy (Brown) [1965年 2位]
3. Substitute / Circles [1966年 3位]
4. I’m A Boy / In The City (Entwistle) [1966年 3位]
5. Happy Jack / I’ve Been Away (Entwistle) [1967年 3位]
6. Pictures Of Lily / Doctor Doctor (Entwistle) [1967年 4位]
7. I Can See For Miles / Someone’s Coming (Entwistle) [1967年 10位]
8. Pinball Wizard / Dogs Part2 (Moon, Towser, Jason) [1967年 4位]
9. Won’t Get Fooled Again / I Don’t Know Myself [1971年 9位]
10. 5.15 / Water [1973年 20位]
11. Who Are You / Had Enough (Entwistle) [1978年 18位]
12. Real Good Looking Boy / Old Red Wine

1965年からのシングルを集めたBOXセットの第一弾。12枚のシングルが入っている(←クリックで画像表示)。12枚目は新曲。


HOME