JAPANESE OTHER BOOKS

洋書WHOのみ / 和書WHOのみ / 洋書WHO関連 / 和書WHO関連
洋雑誌 / 和雑誌 / パンフ&プログラム / 楽譜


ロックンロール・バビロン / ゲーリー・ハーマン(著)・中江昌彦(訳) / 白夜書房


セックス、ドラッグ、乱痴気ツアー、グルーピー、乱交、宗教、政治、自殺、事故死…ロックンロールと表裏一体に語られてきた“コト”をまとめた同名書(Rock'n'Roll BABYLON)の訳本。
ホテル壊しや、ナチ軍服での変装など、Keithの悪趣味なイタズラは本書にもってこいのネタである。それらのことを中心に、The Whoに関しては「ツアーでの武勇伝」として数ページに書かれている。その他、1章「約束の地」ではモンタレー・ポップ・フェスティバルを背景から分析、9章ではPeteの宗教観(Bana)について扱っていたりと、読むべき箇所は多い。
蛇足ではあるが、Keithファンには、見開きで掲載されている彼のオールヌード写真で有名な一冊でもあろう。
1992年に増補改訂新装版が出版されている。
(1988年出版 / ISBN: 4893670921) [Amazon.co.jp 初版 / 増補改訂新装版]


伝説のグルーピー THE INSIDE STORY / パメラ・デ・バレス (著),近藤麻里子(訳) / 大栄出版

1960年代後半からグルーピーとしていろいろなバンドと過ごしてきた著者が、当時の日記に少し解説を加えたもの。著者Pamela des BarresはFrank Zappaによって作られたグルーピーバンド“GTO'S”のメンバーでもあった。
The WhoではKeithと仲が良かったらしく、一緒に過ごした日々のことも書かれている。また、Keithとの写真も何枚か載っている。

(1994年出版 / ISBN: 4886825753) [Amazon.co.jp]


ワル! ブリティッシュ・ロック・スタイル戦線 / トニー・スチュワート(編) / シンコー・ミュージック


シンコー・ミュージックよりムック本として出された『COOL CATS 25YEARS OF ROCK'N'ROLL STYLE』の訳本。300点あまりのモノクロ写真と共に、ロックがたどってきた25年の歴史を、視覚的な面から分析している。ロックとは、その音楽だけでなく、ファッションや生き方(スタイル)とそこに参加した全ての人があって成り立っているということを強く知らされる。
モッズのムーヴメントやそのファッションについては、Paul Wellerが筆を取り、「トータル・ルック」というタイトルでまとめている(『DIG』(No.7 JUNE/JULY 1996)に再録)。もちろん、ポップな洋服に身を包むThe Whoのメンバーや『MY GENERATION』のジャケットについても触れられている。
(1994年出版 / 雑誌コード64911-11)


ロックンロール・バンドの世界 / クロスビート増刊


The WhoはThe Rolling Stones、The Kinksと共に巻頭で特集が組まれている。
1994年のBOXセット発売に合わせて行われ、クロスビート誌同年9月号でも一部が掲載されたPeteのインタビューのノーカット完全版が目玉。ただし、現在ではさらに加筆・訂正を加えたものを『ザ・フー・ファイル』で読むことができる。
その他、The Who目撃者の証言集、2ページのモノクロ写真館、メンバー個人史、Keithの思い出コラム、レア・グッズ写真、『TOMMY』解説、ライブ盤検証、ディスクレビューで構成されている。
別特集の「裏名盤100選」「カルト迷盤100選」には共にThe Whoの作品は選ばれていないが、「迷盤」の方にはPeteと関連が深いBilly NichollsやPeteがシングルをプロデュースしたJohn Otwayの名が挙がっている。 (1995年出版)


オール・ザット・モッズ / VANDA(監修) / シンコー・ミュージック


'60年代のイギリスの若者文化の一大ムーブメントであった「MODS」。その「MODS」とはどういうものであったのか、わかりやすく解説した本。オリジナル・モッズ・バンドの紹介や、モッズに愛された音楽、モッズ・ファッション、ネオ・モッズ・シーンから果ては東京モッズ・シーンまで、これを読めばモッズ・カルチャーについてかなり理解を深めることができる。
The Whoについては、「3 Great Faces Of Mods!」のコーナーにて、Small Faces、The Kinksと共に、特集ページを設けて紹介されている。彼らの歴史、ディスコグラフィー、そしてレア・トラックスにまで16ページに渡って言及されている。
The Whoを支持したモッズとはどういう若者たちだったのか、モッズ・カルチャーとはどんなものだったのか、The Whoの背景の一端を知るのにも最適な一冊である。
(1998年出版 / ISBN: 4401701410) [Amazon.co.jp]


モッズ・ビート・ディスク・ガイド/ 大久達朗(監修) / シンコー・ミュージック


“モッズ的”な音楽とモッズが愛してきた音楽を紹介している本。『オール・ザット・モッズ』と違い、こちらはあくまでもディスクガイドであり、音楽を通してモッズの実態を描く。
The Whoは、作られたモッズでありながらも、若者の代弁者となったことがモッズカルチャーで重要な役割であったため、なんとトップで紹介されている。
ディスクガイドでは、アンセムとなった「My Generation」が入っている1stアルバムから3rdまでと、『QUADROPHENIA』や『THE KIDS ARE ALRIGHT』、スリーブがカッコ良い(ポップな)編集盤『WHO'S MISSING』『TWO'S MISSING』などが挙げられている。
映画『さらば青春の光』の世界に興味を持っている人は、このディスクガイドを参考に、モッズ志向な音を追っていくのも面白いだろう。
(2000年出版 / ISBN: 4401616510)
[Amazon.co.jp]


60年代ブリティッシュ・ビート / デイヴ・マクアリア(著), 東郷かおる子(訳) / シンコー・ミュージック

(1995年出版 / ISBN: 4401615042) [Amazon.co.jp]


まるごとモッズがわかる本 / エイ出版社


タイトルの通り、まるごと1冊モッズを扱ったムック本。
過去のモッズ写真だけでなく、現代のモッズたちの生態をも捉え、沢山のカラー写真がとてもおしゃれで目を惹く。『オール・ザット・モッズ』(絶版)や『モッズ・ビート〜』ほど音楽を多く扱ってはいないが、60年代のモッズたちが愛した音楽やファッションを知る入門書としては充分。また、モッズ・ファッションを扱ったお店やスクーター関連の情報も網羅されているので、現代版モッズを目指す者にも便利帳として役立つだろう。1200円という価格も嬉しい。
The Who関連では、ロック・オデッセイのライブレポ(カラー写真付き)と簡単なアルバム紹介、映画『さらば青春の光』についてや、PeteとJohnの話が出てくるマーシャルアンプの歴史などの記事が載っている。そこにThe Whoの音楽背景が垣間見られるだろう。
(2004年11月20日出版 / ISBN:
4-7779-0249-8,雑誌コード: 62010-79) [Amazon.co.jp]


ブリティッシュ・ビート(クロニクル・シリーズ) / 小松崎健郎(監修) / シンコー・ミュージック


マージービート、R&B、モッズ、フリークビート、ガレージ/サイケ、ポップまで多角的に1960年代の英国ロック・シーンをまとめた本。表紙(左上)にThe Whoの写真あり。
The WhoはThe Kinks、Small Facesらと並んで見開きページで紹介されている。『TOMMY』に代表される彼らの創造世界へ旅立つ前の流れを『MY GENERATION』と『A QUICK ONE』の時代から解説。また反体制のシーンについて、『QUADROPHENIA』から生まれた映画『さらば青春の光』が取り上げられている。
貴重な収録インタビューは、Ray Davies(The Kinks)、Mike Smith(The Dave Clark Five)、Colin Blunstone(The Zombies)Tony Hicks(The Hollies)、鮎川 誠 他。
(2008年4月28日出版 / ISBN: 978-4-401-63124-7) [Amazon.co.jp]


ロック大図鑑 UK3大バンドのすべて / 講談社


本書タイトルの“UK3大バンド”とは、1960年代前半デビューのUKバンド、The Beatles、The Rolling Stones、The Whoのこと。
各バンドのオリジナルレコードから現在CDで発売されているライブ盤や編集盤まで余す所なく解説している他、メンバーのソロ活動、バンド間の交友録、ロックを良い音で聴くためのオーディオ豆知識など充実した内容になっている(全162ページ)。各バンドへページが均等に割かれているのもThe Whoファンには嬉しいところ。
EP・LPはカラー写真で掲載されておりスリーブライブラリとして楽しめるだけでなく、それらの付属ポスター等、資料価値の高いものもきちんと扱われている。歴史・背景解説では、当時の音楽雑誌・新聞の表紙を飾った写真も挿入されている。
(2009年12月21日出版 / ISBN: 978-4-06-379401-4) [Amazon.co.jp]


>> ガイド・研究本 >> 写真・その他


HOME