ROGER DALTREY's OTHER WORKS

ソロ作品 / 参加作品 / ライブ活動 / 映像関連(音楽映画) / 書籍 / その他


 

BACKTRACK7: MIXED BAG / V.A.

1970年11月発売

Bent Frameの「It's Only Me」をプロデュースした。
この曲は、トラック・レコードのオムニバス盤のみに収録されている。

RISING THE CREST OF A SLUMP / Ellis

1972年発売

Zoot Money(キーボード、ヴォーカル)とStephan Ellis(ヴォーカル)のバンド"Ellis"のアルバムをプロデュースした。他のメンバーは、Maggie Bell(ヴォーカル)、Andy Gee(ギター)、Jim Leverton(ベース)、Dave Lutton(ドラム)。

(左写真)2003年発売の『ZIGZAG: 20 Junkshop Soft Rock Singles 1970-1974』(V.A.)の6曲目にEllisの「El Doomo」が収録されている。

[Amazon.co.jp >> UK盤CD(『ZIGZAG: 20 Junkshop Soft Rock Singles 1970-1974』)]

LISZTOMANIA (リストマニア) / OST

1975年発売 / Produced by Rick Wakeman/ チャートインせず

1. Rienzi / Chopsticks Fantasia (Wagner, Liszt) /2. Love's Dream (愛の夢) (Liszt, Daltrey) [Roger Daltrey] /3. Dante Period (Liszt) /4. Oupheus Song (オルフェウスの歌) (Liszt, Benson, Daltrey) [Roger Daltrey] /5. Hell (地獄) (Liszt, Forsythe) [Linda Lewis] /6. Hibernation (隠世) (Wakeman) /7. Excelsoir Song (時代の炎) (Liszt, Wakeman, Russell) /8. Master Race (Wagner) /9. Rape, Pillage And Clap (略奪) (Wagner) /10. Furnerailles (死者の歌) (Liszt, Benson) [Roger Daltrey] /11. Free Song (Liszt) /12. Peace At Last (愛の勝利) (Liszt, Benson, Daltrey) [Roger Daltrey]

オリジナルLPでは1〜5がA面、6〜12がB面に収録。[ ]内はパフォーマー名。

音楽家フランツ・リストの生涯を描いたKen Russell監督のRoger主演映画『LISZTOMANIA』(リストマニア)のサウンドトラック。
このサントラで全篇に渡り、ピアノ、キーボードを演奏しているのはYESのキーボーディスト、Rick Wakeman。Rickはクラシックのピアノを習っていただけあり、その腕前を存分に発揮している。
Rogerはヴォーカル以外に、2,4,12曲目で歌詞も書いている。オリジナルは1975年に発売されたが、2003年にリマスター盤が発売され(左下写真)、 2009年には海外マスターを基にした最新DSDリマスターを採用し、英初回LPを再現したジャケット仕様でSHM-CDが発売された。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD(紙ジャケ) 日本盤SHM-CD(紙ジャケ) / US盤CD / UK盤CD]

BAD ATTITUDE / Meat Loaf

1984年発売

タイトルトラック「Bad Attitude」(9曲目)にゲスト・ヴォーカリストとして参加。これが、The Who解散後の実質上の初仕事となる。
アルバムは全英8位を記録した。

[Amazon.co.jp >> US盤CD / UK盤CD]

QUICKSILVER (クイックシルバー) / OST

1986年発売

映画『QUICKSILVER』(クイックシルバー)のサントラ1曲目「Quicksilver Lightning」でヴォーカルを担当。
他に、Peter Frampton、Tony Banks、Thomas Newman、Helen Terryなども参加している。

Mike Batt's THE HUNTING OF THE SNARK / OST

1986年発売 / Produced by Mike Batt

『不思議の国のアリス』でおなじみの児童作家Lewis Carroll(ルイス・キャロル)のナンセンス詩『THE HUNTING OF THE SNARK』をMike Battがミュージカル化したもの。演奏は、The London Symphony Orchestraによるもの。
Rogerは、7曲目「The Pig Must Die」にボーカルで参加。役は法廷弁護士(バリスター)。
他の役では、Deniece WilliamsやJulian Lennon、Art Garfunkel、Cliff Richardらが参加している。映像作品もあり。

LOST BOYS (ロストボーイ) / OST

1987年発売

映画『LOST BOYS』(ロストボーイ)のサントラに参加。Elton Johnの「Don't Let The Sun Go Down On Me」(僕の瞳に小さな太陽)を3曲目で歌っている。

MACK THE KNIFE (三文オペラ) / OST

1989年発売

映画『MACK THE KNIFE』(三文オペラ)のタイトルソング「Mack The Knife」を歌い、さらに映画にも大道歌手(狂言回し)として出演。>>詳細は映像関連(映画)のページにて

SECRET OF MY SUCCESS (摩天楼はバラ色に) / OST

1990年発売

Michael J. Fox主演の映画『SECRET OF MY SUCCESS』(摩天楼はバラ色に)のサントラに、Rogerの「The Price Of Love」が使われている。


[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD]

AN IRISH EVENING (アイリッシュ・イヴニング)/ The Chieftains

1992年発売

1. Opening Medley: D-has/Kind of Laois/Paddy's Jig/O'Keefes/Chattering /2. North Amerikay /3. Lilly Bolero /4. Little Love Affairs /5. Red Is the Rose /6. Mason's Apron /7. Stone /8. Miscellany: Theme from Tristan and Isolde /9. Raglan Road /10. Behind Blue Eyes /11. Medley-Murch-Hornpipe /12. Damhsa /13. Racham-A Bhean Bheag

アイルランドの民族音楽団The Chieftainsが1991年にBelfastで行ったライヴを収録したもの。
1992年にはライヴアルバム部門でグラミー賞を受賞。
Rogerがゲスト出演して「Behind Blue Eyes」を歌っている。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD]

THE WIZARD OF OZ IN CONCERT: Dreams Come True / V.A.

1996年発売

1996年Lincoln Centerで行なわれた、The Children's Defense Fundチャリティーコンサートをライブ録音し、CD化したもの。
ブリキのきこり役として「If I Only Had a Heart」を歌った他、ドロシー役のJewelとかかし役のJackson Browneと共に「We're off to See the Wizard」「Lions and Tigers and Bears」「Surrender Dorothy」を歌っている。

[Amazon.co.jp >> US盤CD]

THE MICK RONSON MEMORIAL CONCERT (ミック・ロンソン・メモリアル・コンサート) / V.A.

1997年発売

1993年4月に亡くなったMick Ronsonのトリビュートアルバム。音源は1994年4月にロンドンのHemmersmith Apolloで行なわれたライブより。
参加アーティストのほとんどはRonsonにゆかりのある人だが、Rogerはただ好きだと言うことで出演し、「Baba O'Riley」「Summertime Blues」を歌っている。Simon Townshendがギターを弾き、ドラムにQueenのRoger Tayler、キーボードにMorgan Fisherが参加した。
2001年にリリースされた再発盤は、初回盤のみRoger Taylerの「It's A Kind Of Magic」と参加者全員の演奏による「All The Young Dudes」の映像を収めたCD-ROMが付く。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD]

HUMANARY STEW ?: A Tribute to Alice Cooper / V.A.

1999年発売

タイトル通り、Alice Cooperのトリビュートアルバム。3曲目の「No More Mr. Nice Guy」でヴォーカルをとっている。バックにはSlash(Guns N' Roses)がギターで参加。
この曲は、『ESSENTIAL METAL MATERS』(V.A.)や『COVERED IN METAL』(V.A.)にも収録されている。

[Amazon.co.jp >> US盤CD(BOX)]

BRITISH ROCK SYMPHONY (ブリティッシュ・ロック・シンフォニー) / V.A.

1999年発売 / Produced by Ron Nevison, Keith Levenson

1. Norwegian Wood (Paul Rodgers, Ann Wilson) /2. While My Guitar Gently Weeps (Nigel Kennedy) /3. Kashmir (Roger Daltrey, Ann Wilson) /4. Comfortably Numb (Thelma Houston) /5. Let It Be (Roger Daltrey, Thelma Houston) /6. Imagine/Penny Lane/Blackbird/Give Peace A Chance/Come Together (Paul Rodgers) /7. Another Brick In The Wall (Eric Burdon) /8. Stairway To Heaven (Ann Wilson) /9. Ruby Tuesday (Thelma Wilson) /10. Start Me Up (Alice Cooper) /Hard Day's Night (Tommy Shaw) /5:15 (Alice Cooper) /See Me, Feel Me -Listening To You (Tommy Shaw)
[Bonus Track] 11. Money (Eric Burdon)

( )内はパフォーマー名。日本盤のみボーナストラック付き。

ロックの名曲をオーケストラと共演。Led Zeppelinの「Kashmir」や、The Beatlesの「Let It Be」を歌っている。また、Alice Cooperが歌う「5:15」を聴くこともできる。
バックには、Simon Townshend(ギター)、John "Rabbit" Bundrick(ハモンドオルガン)、Zak Starkey(ドラム)も参加している。
映像作品としてもリリースされている。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD]

GLOBAL A GO-GO (グローバル・ア・ゴーゴー) / Joe Strummer & the Mescaleros

2001年発売

Joe Strummer & the Mescalerosのセカンドアルバムにゲストヴォーカルとして参加。「Global a Go-Go」は、2002年発売の『GIVE 'EM THE BOOT, Vol. 3』(V.A.)にも収録されている。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

SINGLES A's & B's / The Love Affair, Ellis

2002年発売

Ellisをプロデュースした関係から、この編集盤にライナーノートを寄せた。その中でRogerはSteve Ellisが好きだと書いている。


[Amazon.co.jp >> US盤CD]

WE'VE COME FOR YOU ALL (ウィ・ハヴ・カム・フォー・ユー・オール) / Anthrax

2003年02月発売

11曲目「Taking the Music Back」にヴォーカルで参加。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

THE WHEELS ON THE BUS / V.A.

2005年3月発売

Rogerがバス運転手のドラゴン、Argon the Dragon役の声と歌を担当した子供向けのビデオのサウンドトラック。公式サイトで購入可能。
ビデオの詳しい内容は映像関連(映画)のページにて。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD]

80 / B.B.King

2005年09月発売

10曲目「Never Make Your Move Too Soon」にヴォーカルで参加。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD]

NIGHT OF THE PROMS 2005 / V.A.

2005年12月発売

Rogerが参加したイベント『The Night Of The Proms』(2005/10/14日〜12/21、ベルギー・ドイツ・オランダにて計44公演)から、ライブ16曲を集めてCD化したもの。Rogerがボーカルをとっている曲は、1曲目「Without Your Love」、9曲目「Pinball Wizzard」、10曲目「See Me, Feel Me」が収録されている。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD]

RAZORLIGHT (レイザーライト) / Razorlight

2006年07月発売

「Summertime Blues」のライブにヴォーカルで参加。(日本盤のみのボーナストラックとしてエンハンスト・ビデオの形で収録)

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD]

BEST OF DAYS / Steve Ellis

2008年08月発売

元Love AffairのリーダーSteve Ellisのソロアルバム(2008年新作)。RogerはEllis(バンド)をプロデュースしたこともあり、本作品では「Modesty」と「Yellow Rose Of Texas」にハーモニカで参加。後者は、RogerのハーモニカのみをバックにEllisが歌う25秒の短い曲。歌の最後に二人の笑い声も入っている(そのため、Rogerはlaughterともクレジットされている)。
他の参加ミュージシャンはPaul Weller等。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD]


HOME