JOHN ENTWISTLE's OTHER WORKS

ソロ作品 / 参加作品 / ライブ活動 / 映像関連 / 書籍 / その他


 

So Sad About Us / The Merseys

1966年発売 シングル / B面「Love Will Continue」

B面でフレンチホルンを担当。A面はThe Whoのカバーで、プロデュースはPT(Pete Townshend)。

Suspicion / Vivian Stanshall

1970年発売 シングル / B面「Blind Date」

『Smash Your Head Against The Wall』にパーカッションで参加してくれたVivに、お礼として彼のシングルにベースで参加(A面のみ)。このシングルは“Produced by Keith Moon”。

(左写真)
The Bonzo Dog Bandのベスト盤『THE HISTORY OF THE BONZOS』(1997)のDisc1-15曲目で「Suspicion」を、Disc2-15曲目で「Blind Date」を聴くことができる。

[Amazon.co.jp >> UK盤CD(『THE HISTORY OF THE BONZOS』)]

SMILING MEN WITH BAD REPUTATIONS / Mike Heron

1971年発売

7曲目「Warm Heart Pastry」 でベースを担当。 2003年にリマスターされ、再発されたCDではPete、Keith、Jimmy Page、Steve Winwoodらが参加しているボーナストラックが2曲追加された。


[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

FLASH FEARLESS VS. THE ZORG WOMEN Part5&6 / V.A.

1975年発売 / Produced by Mark Statford

参加アーチスト:John Entwistle(ベース)、Mick Grabham(ギター)、Carmine Appice(ドラム)、Nicky Hopkins(ピアノ)、Bill Bruford(ドラム)、Kenny Jones(ドラム)、Justin Hayward(ギター)、Keith Moon(叫び声:10曲目のみ)

1. Trapped (もうだめ、絶体絶命……)[Elkie Brooks] /2. I'm Flash (僕はフラッシュ、男の中の男サ) [Alice Cooper] /3. Country Cooking (恋しや、おふくろの味) [Jim Dandy] /4. What's Happening いったいぜんたい、どうなってるの?) [James Dawer] /5. Space Pirates (宇宙海賊の襲撃) [Alice Cooper] /6. Sacrifice (生けにえを出せ) [Elkie Brooks] /7. To The Chop* (ギロチンでチョン) [John Entwistle] /8. Supersnatch (ゾルグの女王は高性能) [Frankie Miller] /9. Georgia Syncopator** [Maddy Prior] /10. Blast Off (希望の星へ、さあ離陸) [Jim Dandy] /11.Trapped (またまた、絶体絶命) [Eddie Jobson]

*=LPでは『Let's Go To The Chop』 / **=LPには入っていない曲。
オリジナルLPでは1〜4がA面、5〜11がB面に収録 (**を除く)。[ ]内はパフォーマー名。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

ANY ROAD UP / Steve Gibbons Band

1976年発売 / Produced by John Entwistle

1. Take Me Home/2. Johnny Cool /3. Rollin' /4. Spark Of Love /5. Standing On The Bridge /6. Natural Thing /7. Speed Kills /8. Strange World /9. Sweetheart /10. Back Street Cat /11. Dick Malone /12. Wild Flowers /13. Light Up Your Face /14. Now You Know Me /15. Mr Jones /16. Till The Well Runs Dry /17. Tulane /18. Cross Me Over The Road /19. Till The Fire Burns Out /20. Low Down Man /21. Right Side Of Heaven /22. Rollin' On /23. Please Don't Say Goodbye /24. Tupelo Mississippi Flash /25. Rounden /26. Gave His Life To Rock 'N' Roll /27. Make The Good Times Last /28. Dick Leaps In

Johnがプロデュースした作品。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD(『ROLLIN' ON』との2on1) /UK盤CD ]

FABULOUS POODLES / Fabulous Poodles

1977年発売 / Produced by John Entwistle

Johnがプロデュースした作品。ベースも弾いている。


[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

ROUGH MIX / Pete Townshend & Ronnie Lane

1977年発売 / Produced by Glyn Johns

10曲目「Heart To Hang On To」と11曲目「Till The Rivers All Run Dry」でベースを担当。
>>詳細はPete作品解説にて

ONE OF THE BOYS / Roger Daltrey

1977年発売 / Produced by Dave Courtney, Tony Meehan

数曲におてい、ベースを担当。
>>詳細はRoger作品解説にて

FRAMED / Dave Lambert

1979年発売 / Produced by John Entwistle

Johnがベースとプロデュースを担当した作品。


[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

McVICAR / OST

1980年発売 

Roger主演の同名映画のサントラにて、ベースを担当。
Pete、Kenney、Rabbit、Billy Nichollsなども参加しており、ほぼThe Whoの布陣である。
>>詳細はRoger作品解説にて

OLD WAVE / Ringo Starr

1983年発売 / Produced by Joe Walsh

「Everybody's In A Hurry But Me」でベースを担当。クレジットにも名前が入っている*。
同曲の演奏メンバーは、Ringo Starr(ドラム)、Joe Walsh(ギター)、Eric Clapton(ギター)、Ray Cooper(パーカッション)とJohn(ベース)。

*「Richard Starkey, Joe Walsh, John Entwhistle, Eric Clapton, Chris Stainton」となっており、苗字に“h”が入っている(日本盤LPのみ確認済)

WIND IN THE WILLOWS / Eddie Hardin & Zak Starkey

1985年発売

Zak Starkeyの初名義作品。童話『たのしい川ベ』をミュージカル化したもの。2002年にCD化。
B面3曲目「Piper At The Gates Of Dawn」でベースを担当。
>>詳細はZak作品解説にて

You'll Never Walk Alone / V.A. (The Crowd)

1985年発売 シングル / B面「Messages」

"The Crowd"としてクレジットが載っている。
John他、Denny Laine、Phil Lynott、Rick Wakeman、Eddie Hardin、Paul McCartney、Zakも参加。

THE IRON MAN the musical / Pete Townshend

1989年06月発売 / Produced by Pete Townshend and Peter Wolf / 英チャートインせず・全米58位 原作:Ted Hughes

4曲目「Dig」と11曲目「Fire」でベースを担当(The Who名義)。
>>詳細はPete作品解説にて

WHEN YOU'RE A BOY / Susanna Hoffs

1991年発売

12曲目「Boys Keep Swinging」でベースを担当。



[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

A CELEBRATION: the music of Pete Townshend and The Who / Roger Daltrey

1994年発売1994年発売 / Produced by Bob Ezrin / チャートインせず

6曲目「The Real Me」でベースを担当。
同名ビデオ・DVDにも出ている(こちらでは「Behind Blue Eyes」でベースを担当している。)
>>詳細はRoger作品解説にて

LOOKS LIKE RINGO, SOUNDS LIKE JOHN / The Wiseguys International

1995年発売

「It's Alright」「Tell Me Your Leaving」「You Can't Do That」「I'll Be There」「The Wise Guys」「The Girl Next Door」「Old Dog, New Tricks」「Let's Get Together」にて、ベースを担当。Zakも数曲にドラムで参加。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

Eddie Hardin's WIZARDS CONVENTION 2 / Eddie Hardin

1995年発売

8曲目「Sultana」に参加。Zakも14曲目「Lucille」でドラムを担当。



[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

RINGO STARR AND HIS THIRD ALL-STARR BAND - Vol.1 / Ringo Starr

1997年08月発売

Ringo Starrの第3期オールスターバンドのライブ盤。音源は1995年6月の日本/武道館公演より。Johnのベースプレイは全編で、歌(「Boris The Spider」)は8曲目で聴くことができる。
その他の参加ミュージシャンは、 Mark Farner(ギター), Randy Bachman(ギター), Billy Preston(キーボード), Felix Cavaliere(キーボード), Zak Starkey(ドラム), Mark Rivera(サックス、パーカッション)。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

THE ANTHOLOGY SO FAR / Ringo Starr

2001年02月発売

Ringo Starrのオールスターバンドのライブベスト(アンソロジー)盤。
Johnは第3期オールスターズのみでの参加のため、音源は『RINGO STARR AND HIS THIRD ALL-STARR BAND - Vol.1』で聴けるものと同じもののみ。

左写真はEU盤。US盤はジャケ違いで2001年7月発売。Disc1に1曲(「Some Kind Of Wonderful」)追加されている。

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD(BOX) / UK盤CD]

THE PIONEERS WITH JOHN ENTWISTLE






[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]

SONGS FROM THE MATERIAL WORLD: A Tribute to George / V.A.

2003年02月発売 / Compilation Produced by Scott Kuchler / チャートインせず

2001年11月29日に亡くなったGeorge Harrisonのトリビュートアルバム。
Johnは、5曲目「Here Comes The Sun」でベースを弾いている。John最後のレコーディングとなった。
5曲目の参加アーチスト:John Entwistle(ベース)、Steve Luongo(ドラム、ヴォーカル)、Mark Hitt(ギター、ヴォーカル)、Mark Clarke(リード・ヴォーカル)、Chiris Clark(キーボード)
Produced by Steve Luongo

[Amazon.co.jp >> 日本盤CD / US盤CD / UK盤CD]


HOME