KEITH MOON

担当楽器:ドラム、パーカッション、ボーカル

本名:Keith John Moon

1946年:8月23日 LondonのWellesdenに、KathleenとAlfred Moonの間に生まれる。
(当時は「1947年生まれ」と書かれていたが、近年『DEAR BOY』や『ANYWAY ANYHOW ANYWHERE』等で、「正式には1946年」という訂正が入っている。)

幼少期はLondon北部のWembleyで育つ。両親が共働きのため、よく独りでレコードを聴いてすごしていた。また、家族と一緒にラジオ・コメディ「The Goons」を楽しみ、学校でネタを披露したりしていた。
13歳のときに見た映画『Drum Crazy』で、ジャズ・ドラマーのGene Krupaから影響を受ける。

1961年:秋 初めてのドラムセット(青のPremier)を買い、独自でドラムを学び始める。
1962年: Screaming Lord Sutch and the SavagesのドラマーCarlo Littleから数ヶ月のドラムレッスンを受ける。
1962年:夏 The Escortsにドラムで参加。.
1962年:12月 The Beachcombersのドラマー募集を見つける。 同バンドに18ヶ月在籍。あだ名は"Weasel"。
1963年:中頃 アメリカから輸入されてきたBeach Boysなどのサーフバンドにはまる。
-------この頃、セールスマンとして働いている。(本人曰く、「23回転職した」とのこと)

1964年:4月
The WhoのドラマーDoug Sandomがバンドを辞め、セッションドラマーが叩いていることを知る。
The Whoのステージに飛び入り、「オレの方が上手い」と言い、「Road Runner」をバンドとジャムりドラムを破壊。それを気に入ったバンドはKeithをドラマーとして迎え入れる。

1964年:夏 Pete Townshendがステージの天井にギターをぶつけて壊すのを見、まねてドラム破壊を始める。

---The Whoの歴史が始まる---

1966年:春 「Substitute」の頃から、バスドラムをダブルにする。
------:5月 John共にライブに遅刻。その日のライブでPeteのギターがKeithの顔にぶつかりあざをつくる。
1967年:Jeff Beckの「Beck's Bolero」にドラムで参加。(アルバム『TRUTH』に収録)
1970年:1月 人込みを分けようと車から出たお抱え運転手Neil Bolandを轢いてしまう。この事故が深い心の傷となる。
1971年:1月 Frank Zappaの映画『200 MOTELS』に出演。
1972年:映画『THAT'LL BE THE DAY』(マイウェイマイラブ)にドラマー役として出演。
1973年:夏 BBCに短期シリーズの番組を持つ。お気に入りの音楽も演奏する。
1974年:映画『STARDUST』に出演。(『THAT'LL BE THE DAY』(マイウェイマイラブ)の続編)

1974年頃は、Los Angelesのホテル住まいを長く続け、Ringo Starr、Haryy Nilsson、John Lennonといった仲間と飲みんだくれていた。こういった仲間とのセッションがいくつかの作品を生んだ。(Nilssonの『PUSSY CATS』など)

1975年:最初で最後のソロアルバム『TWO SIDES OF THE MOON』を発表。
1976年:サントラ『ALL THIS AND WORLD WAR II』のために「When I'm Sixty Four」を歌う。
1977年:映画『SEXTETTE』(結婚狂騒曲 セクステット)に出演。

1978年:9月7日
Paul McCartney主催のバディー・ホリー生誕記念パーティーの帰宅後、Londonの自宅フラットで死亡。死因は、アルコール中毒を治療するための薬を不適切な量摂取したためと言われている。

1979年:映画『Quadrophenia』(さらば青春の光)公開。 Keithは"Executive Producer"としてクレジットされる。

死後、『MOON THE LOON』、『DEAR BOY:The Life Of KEITH MOON』、『KEITH MOON: Instant Party: Musings, Memories and Minutiae』などの伝記、写真『Keith Moon: A Personal Portrait』が発売されている。
1997年、ソロアルバム『TWO SIDES OF THE MOON』はボーナストラックつきでCD化された。
また2005年に入ってから、Keithの伝記映画の話が具体的に進んでいる。

家族構成:Kimとの間に一人娘Mandyがいる。Kimとは1970年代に別居を経て離婚。


HOME